So-net無料ブログ作成

Heat of Glass

ブロンディが好きだったという人は少なくないと思う。
その人たちは、今でもブロンディのことが好きなのではないだろうか。
少なくとも、私はそうだ。

数ある名曲から
Heart Of Glass を

https://www.youtube.com/watch?v=WGU_4-5RaxU

メタ太郎

BABYMETALがメタルの可能性を広げていることについては、おおむね異論がないだろう。
邪道と思われる方もおられるだろうし、
所詮アイドルの一形態、
と斜に構える方もおられるだろう。
それでも、彼女たちが新しいメタルの形を提案し、それが広く受け入れられつつあることは否定できない。

もともとメタルには、なにかしら笑える要素があったのだが、
彼女たちははっきりコミカルにそれを表している。
それがわかりやすく出ているのが、
「META!メタ太郎」。

こんなのメタルじゃない、とか言わないで。

https://www.youtube.com/watch?v=PGc3DfhxPPY

You Spin Me Round

今見ると、なんだかバカみたいなミュージックビデオが好きだ。
茶化して見るわけではなく、
斜に構えて見るわけでもなく、
いや、本当に好きだ。

デッドオアアライブの最大のヒット曲
You Spin Me Round (Like a Record)。
印象的なメロディが焼き付いている。

ビデオも、なんつうか、どいひである。
楽しい。

https://www.youtube.com/watch?v=PGNiXGX2nLU

シリアスな気分な横において ~A面で恋をして~

昨日、降りてきたのは
ナイアガラトライアングルVOL.2の「A面で恋をして」。

大滝詠一さん、佐野元春さん、杉真理さんによるユニット。
遊び心あふれる曲に、思わずにんまり。

https://www.youtube.com/watch?v=4RqYpmCDBqQ

さあ、流星に乗って

いい歌手にはいい歌が集まる。
それとも、いい歌が集まったからいい歌手になるのか。
どちらだろう。

山口百恵さんの「乙女座宮」も素敵である。
歌も百恵さんも。
阿木燿子さんの詩も見事。

https://www.youtube.com/watch?v=RW0ritqBh1k

今熱い予告編 ~前前前世~

アニメ映画「君の名は。」の予告編に
RADWIMPSの「前前前世」が使われている。
主人公が入れ替わるというのは、既視感たっぷりだが、曲が思い切り雰囲気を盛り上げている。

♪ぜんぜんぜんせい
のところは特にいい。

https://www.youtube.com/watch?v=k4xGqY5IDBE

Grateful Daysにぞっこんに

Dragon Ash featuring Aco, Zeebra の
Grateful Days。

いつ聴いても
どこで聴いても
胸が熱くなる

歌唱も
歌詞も

まさに奇跡の一曲

https://www.youtube.com/watch?v=-fvT_mj_YMw&index=1&list=PLL6Z1o_l0ZDXjRGPd3ecCbspDcqUnwe34

あと一歩だけ前に進もう

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組がある。
毎回その道のプロを取り上げ、仕事の進め方や考え方を掘り下げる。
そして、番組のテンションを一気に上げるのが、
スガシカオさんの「Progress」である。
このテーマ曲がなかったら、この番組の成功もなかったと思う。
何度聴いても燃えてくる。
勇気づけられている人も少なくないだろう。
そう思うとすごい曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=GcNptMt2ftQ

涙のペーパームーン

この日、突然降ってきたのは、
石川秀美さんの「涙のペーパームーン」。
特に前触れはなかった。

石川秀美さんには、
「Hey!ミスター・ポリスマン」
という名曲もあるのだが、こちらもなかなか。

誰か小粋にカバーしないだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=REAqBCjjalo

宇多田ヒカルさんで「プレイバック part2」

いい曲がいい人に取り上げられてよみがえるというのは気持ちがいいものである。
宇多田ヒカルさんが山口百恵さんを歌うというのは、それだけで何やらドキドキする。

きっちり自分の歌にされている。
さすがである。

https://www.youtube.com/watch?v=ZF1ozT2umfo&list=RDZF1ozT2umfo#t=7