So-net無料ブログ作成

みちづれ

なんだか、演歌に魅かれるこの何日間。
今日聴きたくなったのは、牧村三枝子さんの「みちづれ」。
いい詞を書くなあ。

https://www.youtube.com/watch?v=8LysvqGLmz4

中の島ブルース

「港町ブルース」とくれば、「中の島ブルース」。
歌によって、全国を旅行できる感じが素敵。
もうこういうヒットは生まれないのかしら。

内山田洋とクール・ファイブのみなさんで。

https://www.youtube.com/watch?v=studSEe66xQ

女性演歌歌手5人による「港町ブルース」

YouTubeを見ているのは、圧倒的に若者だろう。
そんな中、この「港町ブルース」は、1,000万回もの再生がなされている。
コメントも、アラビア語あり、韓国語あり、英語あり、中国語あり。
いろいろな国の人に見られているのは、なんだかうれしい。
世界に持っていく音楽は、J-POPではなく演歌かもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=d0Zdar4SPhA

ロックで街づくり

いろいろな街づくりがあると思うけれど、
音楽での街づくりも素敵である。
特にロックで街づくりができたら。

スターシップの「We Built This City」。

https://www.youtube.com/watch?v=K1b8AhIsSYQ

I'm Still Standing

「SING/シング」が大ヒット上映中である。
映画の中では、ビートルズ、80年代ポップスからテイラー・スウィフトまでいろいろな曲が使われている。
エルトン・ジョンのI'm Still Standingもかなり大切な曲として登場。
当時、そんなにヒットした記憶はないが、こうやって残っているのだなあと感慨。

https://www.youtube.com/watch?v=ZHwVBirqD2s

Yes,抱きしめて

KATSUMI の 「Yes,抱きしめて」。
さわやかな曲に
さわやかな歌声。
PVのセンスのなさもなんだか味に。

https://www.youtube.com/watch?v=Y8wgICBegrQ

Material Girl

Material Girl 物欲的な女、みたいな意味だろうか?
金に動かされる女、的なことかもしれない。
マドンナが歌うと、全然嫌な感じがしない。
すがすがしく、カッコよくさえ感じる。

https://www.youtube.com/watch?v=DNSUOFgj97M

Right Here Waiting

たまに下りてくるのが、リチャード・マークスの「Right Here Waiting」。
1989年の作品というから、30年近く前の曲である。
今でもたまに店のBGMで流れていたりする。

https://www.youtube.com/watch?v=5Insmc2UThE

ブルーハーツの「ホームラン」

野球日本代表のWBCが終わった。
準決勝の壁に今回も阻まれた。
しかし、野球の楽しさは伝わった。

ブルーハーツの「ホームラン」を聴いて、野球を噛みしめよう。

https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/regist/input

ひといきつきながら

NMBのさや姉こと、山本彩さんのギターにひかれる。
アイドルの余技というレベルを超えてきている気がする。
この動画では、福山さんやら、奥田民生さんやらと共演されている。
これからも、すくすく成長してほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=JblFTsemsCw